オルカ鴨川FCを応援する

南房総発(初)!女子サッカーチーム

オルカ鴨川FCは南房総初めての本格的な女子サッカーチームとして、2014年2月に発足しました。
元なでしこジャパン(日本代表)選手である北本綾子選手を監督に迎え、チームは千葉県女子サッカーリーグ2部からスタートしました。
2015年に創設2年目にしてチャレンジリーグ昇格を果たすと、2016年、初参入ながらチャレンジリーグ優勝を達成し、なでしこリーグ2部昇格を決めました。
目指すなでしこリーグ1部までいよいよあと1つ! 

2018年シーズン、なでしこリーグ1部昇格への挑戦はクライマックスを迎えます。
さらに南房総から未来のなでしこを育成するため、2016年に発足したオルカ鴨川BUに加え、オルカ鴨川FC U-15が新たに立ち上がります。

女子サッカーの環境は男子サッカーよりも格段に厳しく、プロ契約を結んでいる選手は世界的にもごく少数です。
オルカ鴨川FCの選手たちも例外なく、昼間は一般の会社で仕事をしたり、学校で勉学しながら、夜間や休日に練習、試合を行っています。
したがって、地域の皆様からのサポートもより重要となります。

南房総からなでしこリーグを目指し、さらに日本代表選手を輩出して世界を目指す、そんな夢あるプロジェクトを一緒に応援ください。